browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

低費用で高性能が求められて

IT業界は今、低費用でも速度は速いことが求められていて、出回っています。セットにすれば安くなる、キャンペーン中なので安くなるということが多くあります。

パソコンなどでも、高性能で安いものが出ています。

安いのだから悪くても仕方がない、ということになっていないのは、メーカーや業界の人たちの努力があることです。コストダウンのためにされた様々な努力を感じることがあります。

この低コストITの構図がしばらく続くとなると、ITのコストは3分の1以上カットできることになるかも知れないと予測している人もいます。

このような状況の中で、ITベンダーは、ユーザーの企業に対して、低価格の戦略をどのようにたてていくか、考えることが重要になっています。

公共事業への入札に関しても、IT分野では、本来は複数年度に渡って開発や調達がされるシステムの入札に、初年度は入札で業者を選定して、次年度以降は同業者との随意契約という、契約モデルが慣習化されていて、結果初年度の入札をとるために、極端な低価格入札が行われることとなっています。

コストの増加のひとつの要因として、ITの高度化、複雑化などによって、ハウジング・スペースまでもが影響するくらいです。スペースだけにとどまらずに、空調の限界にまで及んでいます。

その上に、温暖化対策や環境保護に対する問題意識もあり、サーバー・ルームなどからの排熱や消費する電力の問題にまで広がって、企業が取組むべき課題が増えてきています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です