browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

ひとつの目標として

新たなIT製品を作ろうと考えているときに、いかにして低費用で十分な仕上がりができるのかを考慮する場合が多々あるでしょう。仮に予算内でIT製品を完成させることができたのならば、そのIT製品を受け取ったお店の店員は、「これでお客さんに低価格で質の高い商品を勧めることができるぞ。

あとはこの製品のセールスポイントを声高々とアピールすればいいだけだ」という自信を抱くようになると思うのです。まさしくお店の顔として注目度の高いIT製品があることで、お客さんの購買意欲を促進していくことになり、店員は、その製品を通してお客さんとの間に和やかな雰囲気が実現されるという期待を思い描くようになるのです。

最近では、パソコンを低費用で効率よく製造する流れが確立されたためなのか、比較的低価格のパソコンが店頭に並ぶようになりました。お客さんは、低価格でかつ高性能なパソコンを求めるため、そうしたパソコンがあることはお客さんにとって当然嬉しいこととなるのです。しかも、ITの発展を裏付けるようにして、長持ちするパソコンを使い続けられるという喜びさえも味わうことにつながるのです。

低費用で何かを作り出すという行為から、多くの人達に幸せを届けることになり、その幸せがIT文明の素晴らしさを物語ることになるのです。パソコンを製造している人が無駄を極力省こうとする精神から、良い物を世に送り出している職人魂を再確認することは多々あると思うのです。

だからこそ、私たち一人一人、低費用で仕事ができる努力を、そして企業は低費用ですむ開発案件への取り組みをしていく必要があるのだと感じています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>